荷物はこブログ

旅行とスイーツと美術館・博物館、謎解きについて綴るブログです。

【迷ったらコレ】温泉旅行でやりたいボードゲームおすすめ【実際にプレイしてみての感想】

f:id:hinachanningyo:20200315142356j:image

こんにちは。荷物運び用荷物(@nimotsu_hakobi)です。

私は家族旅行で温泉に行くとき、

いつもボードゲームを持参して、

家族でプレイしています。

 

観光スポットの多い地域への旅行だとあまり使えなさそうですが、

温泉やリゾートに行くとき、

旅行中に遊べるとこれが結構楽しめます!

 

その中で、

これ温泉旅行に持っていったら活躍しそうだな…と思った、

特に楽しめたボードゲームを紹介します。

あまり外出できない今だからこそ、

家族や友人と温泉旅館の部屋の中で、

ボードゲームでワイワイ遊ぶのもいいかも?

 

Amazonの商品ページや公式ページに

目安となる必要人数やプレイ時間がありますが、

それに対する実際にやってみた所感をコメント。

また、簡単に言うとどんなゲームで、

どんな人におすすめかも書いていきますね。

簡潔にお伝えしますので、

じっくりルールを知りたいというほどではないけれど、

どんなボードゲームがあるかな?という方向けです。

 

目次

 

①あまりに理不尽な『テストプレイなんてしてないよ

 プレイ人数:2~10人(2人でもできますが、3、4人は欲しいところです)
 プレイ時間:1~5分 (長引くと10~20分かかる場合もあります)

f:id:hinachanningyo:20200314192335j:image

 

2020年1月にデビューして話題のジャニーズグループ・SnowManが

YouTube動画の中で遊んでいたことで話題にもなりました。

 

このボードゲームは、簡単に言えば

カードを引いたり出したりしながら、

ゲームに特別ルールがどんどん増えていく

という内容です。

ただこれ、カードに記載されている効果の内容がめちゃくちゃなんですね。

理不尽な理由で負けたり勝ったりします。

真面目な人なら、納得いかないとイライラしてしまうかも。

また、カードによっては内容が読解しづらく、文章が読みづらいことがあります。

若い人や、お酒の席でおすすめです。

 

②混乱しちゃう!スピード勝負の『おばけキャッチ

 プレイ人数:2~8人(2人以上なら問題なくできる。多すぎるとやりづらい)
 プレイ時間:20~30分(そんなにかかりません。10分くらいで終わるのでは


f:id:hinachanningyo:20200314192338j:image

 

瞬時の判断力と体の瞬発力が必要な、

 かるたやトランプの「スピード」に似た要素を持つボードゲームです。

おばけやビン、椅子のオブジェクトが入っています。

山札から一枚ずつ引いたカードの示すオブジェクトを

いちばん速くタッチ(つかむ)した回数が最も多い人が勝利します。

 どのオブジェクトをタッチする(つかむ)かの条件ですが、

理解するのに少しだけ慣れが要りますので、

このゲームをプレイしたことがある人が有利になりやすいです。

慣れればお子さんでもできますので、

家族から友人、夫婦二人でも楽しめる万能ボードゲームですね。

エキサイトして、オブジェクトが吹っ飛んだりするかもしれませんので、

なくさないようにご注意!

 

③難しい説明不要!『ノイ

 プレイ人数:2〜7人(3人以上が望ましく、大人数でもできます)
 プレイ時間:20分(10分台で終わることも。ゲームの性質上、そんなに長引きません)


f:id:hinachanningyo:20200314192347j:image

 

UNOに近いゲームです。

UNOをやったことがあれば、

カードの名前や効果もすんなり頭に入ってきます。

ルール説明がスムーズなのが

このボードゲームのいいところですね。

頭を使うわけでもないので

家族、友人と、誰とでも盛り上がれます!

 

f:id:hinachanningyo:20200314222625j:image

 

ゲームの序盤、

簡単な足し算を暗算でする場面があるので、

それさえクリアできれば

お子さんでも楽しめます。

 

④怪しまれても死なない人狼『タイムボム

 プレイ人数:2〜8人(5人は欲しいです)
 プレイ時間:1〜30分(ルールに時間制限がないので伸びがち。早くても20分くらいかかると思います)


f:id:hinachanningyo:20200314192340j:image

 

これが今回一番盛り上がったかも?

 

人狼の要素が強いゲームです。

「鬼」は鬼であることを隠して、

自分の有利なようにゲームを進めなくてはなりません。

勝利のために嘘をつく必要も出てくるので、

今回紹介するなかでは、頭を使う部類のゲームです。

何回もやりたくなります。

ゆるいイラストながら、

始めからがっつり心理戦になり、

一ゲーム一ゲーム疲れます。

少し説明が必要ですので、

まずはやってみながら覚えるでもよいかと思います。

  

 

⑤二つのゲームを同時並行『インサイダーゲーム

 

プレイ人数:4~8人(ルール上最低4人は必要です。多すぎても難しいです)
 プレイ時間:15分 (各行動の時間が決まっており、15分ほどで収まると思います)

 

f:id:hinachanningyo:20200314192331j:image

 

これはデザインがおしゃれですね〜。

家にも欲しくなります。

 

アキネーターのような、

よくある「お題は何か」を

はい/いいえで答えられる質問を繰り返して

お題を当てていきます

そしてここからが普通と違うのですが、

このお題当てには

一人だけ最初からお題を知っている人がいます

その「インサイダー」が誰なのか当てる、

というゲームです。

誰もがやったことのあるゲームに、

人狼の要素を加えたボードゲーム。

複雑なルールはありませんが、

この質問は怪しくないか?など

お題を当てに行きつつ

参加者を疑いながらゲームを進めていく必要があります。

どちらかだけに集中していては勝てません。

器用さが試されるゲームです。

単純で面白いですが、少し大人向けですね。

 

『 インサイダー・ゲーム』の紹介ページはこちらです。↓

 

 

「【迷ったらコレ】温泉旅行でやりたいボードゲームおすすめ【実際にプレイしてみての感想】」のまとめ

気になるゲームは見つかりましたか?

24歳女が6人で遊んだ今回は、

タイムボム』が一番盛り上がっていました。

ボードゲームは種類が多く、

何をプレイしたらいいか選ぶまでが大変ですよね。

こちらの簡潔なまとめを参考に、

自分にぴったりのボードゲームを見つけていただければ嬉しいです。

 

今回このゲームをプレイしたジェリージェリーカフェはこちらです。↓

jellyjellycafe.com

 

今回私は、温泉旅行に持っていけそうなものを探してみましたが、

「ゆったりできる場所」ならどこでも相性がいいですよ!

 

ボードゲームを持って、旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

Copyright ©荷物はこブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー