荷物はこブログ

旅行とスイーツと美術館・博物館、謎解きについて綴るブログです。

【宿泊記】乙女心をくすぐる!「倭乃里京都ミュゼ」に宿泊しました【感想・写真多め】

f:id:hinachanningyo:20201203215659p:image

こんにちは。荷物運び用荷物(@nimotsu_hakobi)です。

今回は、京都で「倭乃里京都ミュゼ」に泊まってきました!

ホテル激戦区の京都。選択肢が多すぎて、最後の一つに絞るまでかなり悩みました。今回宿泊したホテルの感想を記事にまとめましたので、宿選びの参考になさってください。

 

目次

 

倭乃里京都ミュゼ」って?

京都の伝統と現代アートが融合したホテルです。

Googleマップで調べると「Wanosato Kyoto Musee」と表記されますが、これも同じ宿です。


アクセス

  • 祇園四条駅 2番出口 徒歩9分 京阪本線
  • 清水五条駅 3番出口 徒歩7分 京阪本線
  • 四条河原町駅 出口1番 徒歩 15分 阪急本線
  • 京都 五大花街の宮川町花街が 徒歩2分

清水寺や八坂神社、三十三間堂などの人気観光地には行きやすい場所ですね。


実際に泊まってみた!宿泊レポート

ネットに口コミが全然なかったので不安な気持ちもありながら、ホテルに到着です。

 

外観

f:id:hinachanningyo:20201122121637j:image

 宿は普通の住宅街のような場所に位置しています。この大木が目印です!

f:id:hinachanningyo:20201122121646j:image

f:id:hinachanningyo:20201122121658j:image

入ってみてわかりますが、建物は縦に長い!フロントまでの道のりは、枯山水によってまるで池の上を歩いているようです。


部屋

f:id:hinachanningyo:20201203181821j:image

フロントでキーをいただき、お部屋に向かいます。ルームキーはイチョウの形をしており、こだわりを感じますね。私は「八坂」というお部屋に案内していただきました。
f:id:hinachanningyo:20201203181757j:image

温泉旅館ではないですが、木が使われていたりと旅館風のお部屋です!
f:id:hinachanningyo:20201203181814j:image
f:id:hinachanningyo:20201203181817j:image

お水とお茶、お菓子までありました。心遣いが嬉しいですね。
f:id:hinachanningyo:20201203181804j:image

ハンガーや窓の上には、民家が!
f:id:hinachanningyo:20201203181750j:image

黒板アートでしょうか?チョークで描かれた絵も見事です。
f:id:hinachanningyo:20201203181753j:image
f:id:hinachanningyo:20201203181807j:image

洗面所の温泉っぽさにワクワクしてきました。
f:id:hinachanningyo:20201203181811j:image
f:id:hinachanningyo:20201203181800j:image

お風呂は檜風呂です。洗面所一帯で、木のいい香りがしました。
f:id:hinachanningyo:20201203181743j:image

シンクは祇園の巽橋が描かれていました。京都らしくとこだわっている部分が多いお部屋です。
f:id:hinachanningyo:20201203181746j:image

ドライヤーがしまってある袋。浴衣と見間違えました。


朝食

f:id:hinachanningyo:20201204000303p:image

倭乃里京都ミュゼでは、無料で朝食をいただくことができます。
f:id:hinachanningyo:20201203181850j:image

新型ウイルスの影響でしょうか、菓子パンが個別に包まれていました。
f:id:hinachanningyo:20201203181857j:image

他にもフルーツやコーヒー、白玉、チーズ、フルーツグラノーラなどをいただけます。
f:id:hinachanningyo:20201203181901j:image

無料なら十分のラインナップです。
f:id:hinachanningyo:20201203181904j:image

壁には、お寺や神社が細部まで描き込まれた絵が。色合いも可愛くて、御朱印帳のデザインであったら人気が出そうです。

 

こんな人におすすめ

  • 可愛い物好き女子・女子旅
  • 温泉に泊まりたいけど、温泉旅館は高くて手が出ない
  • 一人旅

可愛いポイントが多いので、可愛い物好きの女性におすすめしたいです。


「【宿泊記】乙女心をくすぐる!「倭乃里京都ミュゼ」に宿泊しました【感想・写真多め】」のまとめ

木がたくさん使われているけど古くさくなく洗練されていて、アートの要素もあるホテルでした。高いホテルや旅館には泊まれないけれど、味気ないビジネスホテルもなんだかなぁという方には是非おすすめしたいです。私は遊び疲れてチェックインした日の夜、可愛いお部屋が嬉しくて疲れが吹っ飛びました!笑

 

(宿泊日:2020年11月22日-23日)

 

京都は常に混雑している観光地。京都観光では、ランチやディナーを事前に予約しておくことをおすすめします。お食事の事前リサーチはこちらからどうぞ。


参考サイト

倭乃里 京都ミュゼ

 

Copyright ©荷物はこブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー