荷物はこブログ

旅行とスイーツと美術館・博物館、謎解きについて綴るブログです。

【宿泊記】「望楼NOGUCHI函館」で過ごす、静かな大人の時間【スイートに宿泊】

f:id:hinachanningyo:20200908000545p:image

こんにちは。荷物運び用荷物(@nimotsu_hakobi)です。

今回は、「望楼NOGUCHI函館」の宿泊記を記事にまとめました!

 

目次

 

 「望楼NOGUCHI函館」ってなに?

ノスタルジーの中にあるモダンの息吹
350余年の歴史を持つ名湯、函館 湯の川温泉。
ここに、洗練と日本伝統の趣が融合した宿が佇みます。
磨き抜かれたデザインによる心地よい和モダンの空間、
日本有数の温泉、
函館ならではの味覚を堪能する創作会席料理。
五感を満たし、さまざまな旅のかたちに応える宿。
本当のくつろぎを知る大人のための空間です。
函館知新-懐かしさの中に新しさを感じる
上質な旅が始まります。

(出典元:「望楼NOGUCHI函館」公式サイト)

 野口観光グループ「望楼NOGUCHI函館」は、湯の川温泉にある高級路線の温泉旅館です。

 

アクセス

 最寄り駅は、函館市電 湯の川温泉駅 徒歩3分です。車で函館空港から行くと5分。湯の川温泉は、空港からめちゃくちゃ近いんです!

 

「望楼NOGUCHI函館」の館内をレポート!

館内の様子をレポートしていきます!

 

 客室(スイートタイプC)

まず、HPを見るに客室タイプは3種類あります。

  • ①SUITE(定員/2~4名)
  • ②WAMODERN(定員/4名)
  • ③OHITORISAMA(定員/1名)

家族やカップルでの旅行だと、①か②。面白いのは定員1名の一人旅専用客室があるところ!この部屋なら、一人でも何も気にすることはありません。

今回宿泊したのは、「スイート タイプC」のお部屋です。メインの部屋までは、階段を上がります。

f:id:hinachanningyo:20200905200926p:image

 めっちゃ家みたいだ…。

ソファやテレビ、机などどこを見ても豪華すぎないので、誰かの家なんじゃないだろうか?という錯覚に陥ります。

f:id:hinachanningyo:20200905200756j:image
ベッドは二つ。下の階には和室があり、二手に分かれて寝ることができます(?)。
f:id:hinachanningyo:20200905200909p:image

部屋の端から見てみると、めちゃくちゃ広い部屋だということが実感できます。

f:id:hinachanningyo:20200905200843j:image

シンクは一つですが、広くて使いやすかったですよ。

f:id:hinachanningyo:20200905200905j:image

お部屋についてるお風呂です。

f:id:hinachanningyo:20200905200918j:image

部屋のお風呂でこんなに足が伸ばせたことが今までなかったので、気分がよかったです…(笑)

 

食事

食事は個室でいただくことができます。食材は道南や青森の食材にこだわっています。

f:id:hinachanningyo:20200905200915j:image

 前菜。いかめしが出るのが道南らしいです。

f:id:hinachanningyo:20200905200846j:image

お造りプレート。

f:id:hinachanningyo:20200905200902j:image

デザートも豪華で、最後まで満足でした。工夫を凝らした料理が多かったですね!

 

お風呂

写真はないのですが、私が入ったときは空いていて一人だけ。露天風呂では満月がちょうど見えて、「贅沢」という言葉の意味を理解しました。

 

サロン「SKY SALON BOUKYOU」

f:id:hinachanningyo:20200905200839j:image

ラウンジに相当するのでしょうか?私が宿泊したときはなかったのですが、現在はフリードリンクが飲めるそうです。夜景が本当に綺麗でした!てか人少な!

 

 ライブラリ―のぐち文庫

f:id:hinachanningyo:20200905200835j:image

ブックカフェや蔦屋書店でありそうな蔵書。以後二度と見ることのなさそうな写真集などがありました。

f:id:hinachanningyo:20200907223840j:image

よくわからない本を一冊借りてみました。

今回は写真がないのですが、他にもバーやビリヤード台、売店がありました。

 

 「【宿泊記】「望楼NOGUCHI函館」で過ごす、静かな大人の時間【スイートに宿泊】」のまとめ

 今回は家族で泊まりましたが、最上階のサロンやライブラリ―、館内の雰囲気としてはかなりカップル・夫婦向きです。未来の素敵な旦那さんと来よう…と思える大人の空間でした。一人向けにも打ち出していますが、一人でここ宿泊ってすごい贅沢。

また、繰り返しますがスイートは家みたいです。

函館を訪れた際は、是非宿泊してみてほしい宿です。

 

(宿泊日:2018年1月3日〜4日)

最近、ホテルの予約は一休.comを使っています。 いい感じホテル・旅館が探しやすいのが気に入っているポイントです。

「飛行機のマイルを溜める」を一年間実践した結果をまとめました。是非ご覧ください。↓

hinachanningyo.hatenablog.com

 

参考サイト

【公式】函館湯の川温泉 望楼NOGUCHI函館|北海道の温泉宿 野口観光グループ

 

Copyright ©荷物はこブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー